自宅でできる血液検査 TOP  >  自宅でできる糖尿病検査

自宅でできる糖尿病検査

糖尿病の検査、気になってはいてもなかなか健康診断には行けないという方向けに、自宅でできるタイプのキットがあるとか。自宅でできる糖尿病検査キットについて調べてみました。

» 自宅でできる糖尿病検査キットはコチラ

糖尿病は、ある年齢以上になれば誰でも罹患の危険性がある疾患です。

主な症状としては喉の渇き、立ちくらみ、排尿の回数・量が多い、食後眠くなるなど。

でももちろん、喉が渇くタイプの人が即糖尿病というわけでもありませんし、食後は誰でもある程度は眠くなりますよね。

また、自覚症状が揃ってから医療機関を受診したのでは、既に病気が進行してしまっているケースも・・・。

このため、できれば初期、もしくは尿に糖が出るなど「ちょっとおかしい?」くらいの糖尿病一歩手前くらいの状態までに気付くことができると、その後の治療も格段に楽になってきます。

では糖尿病かな?と気付くためにはどうしたらいいのかというと、やはり血液検査と尿検査が大切

普通、空腹時に採血及び採尿し、血糖値や尿糖を検査し、その検査結果いかんでブドウ糖負荷試験を受け、糖尿病かどうかを診断されるわけです。

できれば、この一回目の検査くらいまで自宅ですることができれば、忙しい人でも病気を見逃さないで済みますよね。

そうした人のために発売されているのが自宅用血液検査キットのDEMECAL(デメカル)です。

生活習慣病のベースに糖尿病もプラスしたキット6,825円で販売されていて、基準値を超えたなどすれば医療機関の電話相談センターも案内してくれるので安心です。

普通は風邪にしろ胃腸病にしろ、自覚症状ありきで生活していますよね。

このため症状がない病気に気付くためには健診が重要なのですが、それがないがしろになってしまうケースも多々あるため、自宅でできるキットが登場したともいえます。

利用しやすいサービスを利用して、可能な限りセルフメディカルチェックをするように心がけてくださいね。

» 自宅でできる糖尿病検査キットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい