自宅でできる血液検査 TOP  >  淋病の気になる検査方法

淋病の気になる検査方法

性病として有名な淋病の一般的な検査方法はどのようなものでしょうか?また、淋病の検査方法の1つとして、自宅でできる在宅キットがありますのでそちらもご紹介しています。

男女共に性行為で感染してしまう性病の中で、クラミジアやカンジダと共に淋病はメジャーな病気ですよね。

でも、名前は知っていても病気の詳細や、検査方法についてはよく知らないという人がほとんどではないでしょうか?

淋病の気になる症状

主に男性のほうが排尿痛やただれなど、症状が重いので気づくのも早いようです。

女性はおりものが黄色くなったり、外陰部がただれたりしますが、症状が軽く気づかないケースも。

恐いのは軽い症状のために淋病の感染に気づかないことで、進行してしまうと膣炎や子宮内膜炎、卵管炎という重大な病気に移行してしまう危険があります。

また、オーラルセックスで感染した場合は、のどに菌がいるので咽頭炎になってしまいます。

淋病の一般的な検査方法

淋病の一般的な検査方法としては、女性ならおりもの、男性なら性器のうみなどを採取して、淋菌の有無を調べることになります。

必ず、セックスパートナーと共に検査、治療を受けることが重要で、恥ずかしい、言いにくいなどの理由で一人だけ治療しても、またセックスすれば感染しますし、相手が病気に気づかないで悪化してしまうのは何より恐いですね。

治療法は、抗菌剤、抗生物質を内服などで投与することですが、発見が早ければ治療期間も短くて済むことが多いようです。

自宅でも簡単に淋病の検査ができます

でも、なかなか検査方法に抵抗があったり、病院にいく時間がないという人は、自宅でできる血液検査キットであるDEMECAL(デメカル)でまずはチェックしてみては?

デメカルはインターネットなどで申し込むと検査キットが郵送されてくるので、それに従って採取したらあとはまた送り返すだけです。

淋病は進行してしまうとHIVに感染しやすくなったり、不妊の原因となったりと、恐い病気です。

早期発見、早期治療のために、気になったらすぐに検査をするようにしてくださいね。

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい