自宅でできる血液検査 TOP  >  ピロリ菌の気になる検査方法

ピロリ菌の気になる検査方法

ピロリ菌の検査方法は、どのようなものなのでしょうか?また、セルフ検査キットでもピロリ菌を見つける方法があるというのですが・・・?

胃潰瘍や、胃がんの原因にもなるとして知られ、駆除できるならしたいと思う人も多いのがピロリ菌ですね。

実際、ピロリ菌の除菌効果で胃がん発症率が減少しているという結果も出ているそうです。

でも自分の胃にピロリ菌がいるのかどうか、どういう検査方法で調べればわかるのでしょうか?

一般的なピロリ菌の検査方法

普通、一般的には消化器内科などで行っていることが多く、人間ドッグでも希望すれば受けることができますが、内視鏡を使う場合と使わない場合に分けられます。

まず、内視鏡を使わない方法としては「尿素呼気試験法」という、診断薬を使って、服用した前後の呼気を集めて診断するという非常にシンプルな方法がひとつ。

もうひとつが血液や尿を調べる「抗体法」で、こちらは、ピロリ菌に感染すると人間の体はそれに対抗する抗体を作るという働きを利用したものです。

さらにもうひとつは、糞便中の抗原の有無を調べる「抗原法」というものがあり、この3つが内視鏡いらずの検査となります。

内視鏡を使う場合は、内視鏡で胃粘膜などを見た時に、同時に少し粘膜を採取して培養したり(培養法)、酵素をつかったり(迅速ウレアーゼ法)、組織を特殊な染色で捜したり(組織鏡検法)といった形で調べることになります。

負担が少ないのは内視鏡を使わない方ですが、おそらく病院で個人の状態に合わせた方法をすすめられると思いますので、その場合は医師の診断と理由をよく聞いて決めるようにしてください。

ピロリ菌検査は自宅でも簡単にできる

しかし、いちいち病院に予約したり、長い待ち時間があるのではそうそう検査も受ける暇はない、という忙しい方には郵送でできる自宅用検査キットのDEMECAL(デメカル)がおすすめです。

デメカルなら、自分で採血するのも非常に簡単ですし、自宅で少しの時間だけで行うことができます。

また、検査結果もとても迅速に知らせてくれるのがいいですね。

» 自宅でできるピロリ菌検査キットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい