自宅でできる血液検査 TOP  >  高血圧症の気になる症状

高血圧症の気になる症状

自覚症状があまりないとも言われる高血圧症。なるべく早期に高血圧症を発見するためにも、症状が出ていなくても血液検査などのメディカルチェックをおすすめします。

日本人には多いといわれる高血圧症ですが、その症状は決して分かり易いものではありません。

サイレントキラー(沈黙の殺人者)ともいわれるように、自覚症状がないゆえに放置につながりやすく、いざ気付いた時には手遅れということにもなってしまうのです。

このため、高血圧症の場合は症状が出るより先に、自分の血圧を知っておくことが非常に大切なのです。

自宅で血圧を測ることができる商品もあるので、もし遺伝的に高血圧の血統なら購入してこまめに測るのもいいですね。

高血圧症のリスクが高いのは、ストレスの多い人、体を動かさない生活をしている人、アルコールを多く摂る人、高塩分・高脂肪の食事をする人などです。

また頭痛やめまい、不眠、耳鳴り、肩こり、動悸・息切れなどの症状は高血圧が原因であることも。

もちろんこれらの症状があるから絶対に高血圧症とはいえませんが、もし気になるなら医療機関を一度受診してみると安心ですね。

ただ、仕事の都合などで特に、なんらかの病変や具合の悪いところがあるわけでもないのに病院へ行く時間なんてとれない、という方も多いと思います。

そういう方には自宅でできる血液検査キット「DEMECAL(デメカル)」を使って、血液に異常が現れていないかどうかを検査しておくことをおすすめします。

自覚症状は特になくても、血液には何らかの兆候があることもありますので、気になる場合はお早めに対処してみてください。

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい