自宅でできる血液検査 TOP  >  自宅でできる血糖検査

自宅でできる血糖検査

血糖検査は、生活習慣病のリスクなどの面からも受けたほうがいいですよね。でも、なかなか暇がなくて受けられない場合のために、自宅でできる血糖検査をご紹介しています。

» 自宅でできる血糖検査キットはコチラ

糖尿病の発見に、絶対不可欠なのは「血糖検査」ですよね。

朝食事を抜いて病院へ行き、そこで血液を採取してもらって血糖値を測り、正常値であるか否かを調べるものです。

糖尿病だけでなく、すい臓がん、肝臓病でも血糖は異常値を示すケースがあるため、重要な検査といえるでしょう。

ただ、朝食前空腹時と言われていても、うっかり食事をしてしまったりして、失敗してしまうこともありますよね。

当たり前のことですが、血糖値は食事の有無で全く違うため、血液採取のタイミングは大切なわけです。

健康な人なら、たとえ食事をした後でも140mg/dlの基準を超えることはほとんどなく、それが目安ともなりますが、何度か血液検査を繰り返さないといけないケースもあり、なかなか面倒ともいえます。

自宅で手軽に行える血糖検査

こうしたことから、もっと手軽に、自宅で血糖検査をすることができないか?という声に応じてDEMECAL(デメカル)というセルフチェックキットが発売されています。

これはインターネット等で申込をし、その後送られてくるキットの説明書に添って自己採血し、それを送り返すだけ。

異常があれば医療機関の電話相談センターも案内してくれますので、とりあえずのチェックには十分ではないでしょうか?

健診に行こう行こうと思いながら、ずっと放置してしまうよりはまず、キットでも調べてみると安心ですね。

» 自宅でできる血糖検査キットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい