自宅でできる血液検査 TOP  >  肝機能を改善させるためにするべきこと

肝機能を改善させるためにするべきこと

生活習慣、食生活など、肝機能改善にはどうすることが効果的なのでしょうか?肝機能改善のおすすめ方法と共に、まずは自分の状態を把握することのできるセルフ検査キットについてもご紹介しています。

フレンチでおなじみ、おいしいおいしいフォアグラですが、あれはガチョウを人為的に高カロリー食で太らせることで肝臓に脂肪を蓄積させて作られています。

実は、人間の肝臓もあのフォアグラと同じように食べすぎ飲みすぎ運動不足が原因で、肝臓に脂肪がたまって病気になるのです。

もちろん、ウイルス性の肝炎などもありますが、ここでは生活習慣で改善できることが前提の肝機能低下についてご紹介していきます。

肝機能を改善するための生活習慣と食習慣

さて、フォアグラを食べるのはいいですが、自分の体内のフォアグラはいただけません。

なるべく早く改善に向けて努力を生活習慣、食習慣を見直すことが必要です。

まずはお酒を飲む方ならその量を見直します。完全禁酒が難しければ、少なくとも休肝日は設けることが大切です。

どうしてアルコールがよろしくないかといえば、肝臓はアルコールが入ってくるとその分解を最優先にするため、脂肪分解が後回しにされ、結果的に脂肪肝につながってしまうからです。

そしてその「脂肪」をなるべく摂取しない、さっぱりとしたカロリー控えめの食事に替えていきましょう。

とはいえ、いきなり食生活改善というのもストレスが溜まりますから、できるだけカロリーの多い食事は朝、昼に済ませ、夜は軽い食事にするなど工夫してみては?

もうひとつ、食生活と同じように運動もとても大切です。

実は、内蔵脂肪は皮下脂肪より運動、食生活で効果が出やすい、落としやすい脂肪なのです。

ただし、既に体重が重くなってしまっている人は、ジョギング等でいきなり運動負荷をかけると今度は膝や腰に負担がかかりすぎます。

このため、一駅分多く歩く、エレベータではなく階段を使う、車を使わず自転車で出かける、などからチャレンジしてみては?

肝機能を自宅で簡単にチェックする方法

さて、その肝心の肝機能ですが、まず正常なのかどうかすら、忙しくて健診を受けていないから分からない、という方も多いですよね。

もし気になるなら、自宅でできるDEMECAL(デメカル)という血液検査キットがおすすめです。

デメカルなら肝機能で大切なGOT、GPT、ガンマGTPのほか、総コレステロール、HDLコレステロールの値も調べることができます。

また、デメカルで検査結果がよくなければ、医療機関の電話相談センターも案内してくれるところも安心だし、とても便利なサービスではないでしょうか?

» 自宅で簡単に肝機能をチェックしたい方はコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい