自宅でできる血液検査 TOP  >  自宅でできる胃がん検査

自宅でできる胃がん検査

早期発見により、ぐんと治る確率が高くなった胃がん、検査でちゃんと調べておきたいですね。でもなかなか健診に行く時間が取れない方に、自宅でもできる胃がんの血液検査キットなどもご紹介しています。

» 自宅でできる胃がん検査キットはコチラ

胃がんは、一昔前に比べ、ぐんと死亡率が減っている病気です。

今や昔の『胃がん=死病』のイメージはかなりやわらいだのではないでしょうか?

でもそれは、簡単に治せるようになったというだけではなく、検査技術の向上によって早期発見が可能になったことのほうが大きな理由なのです。

ということは、発見が遅くなれば現在でも非常に恐ろしい病気であることに変わりはありません。

進行してしまう前に、なんとしても発見したい病気なのです。

胃がんの早期発見に有効な検査って?

では、どのような検査が胃がん早期発見に有効なのでしょうか?

一番検査精度が高く、見逃しが少ないとされているのは胃カメラです。

口ないしは鼻からスコープを入れて直接胃の内部を見る方法で、医師が熟練していればすんなり入るので検査自体は結構楽だという声が多いようです。

もうひとつ、メジャーなのはバリウムを飲む胃エックス線によるもの。

人間ドックや健診などでは、バリウムのエックス線の方が主流ですね。

ただこのバリウムも、人によっては飲む時にかなり辛さを感じたり、その後に飲む下剤が苦手でいやだという人も少なくありません。

また、検査そのものが苦手、嫌だ、というケースの他、時間的になかなか健診を受けられない人も多いですよね。

自宅で簡単に胃がんのリスクを検査できる

どうしても平日昼間に受けなければならないため、勤めているとわざわざ休みをとらなければいけないのが難しいようです。

こういった方に今人気なのが、DEMECAL(デメカル)という自宅でできる血液検査キットを利用したセルフチェックです。

胃がんも見つけられるのか?と驚きますが、デメカルでは腫瘍マーカーやペプシノーゲン等を使い、チェックできるようなキットが販売されています。

もちろん何らかの異状があれば医療機関を受診して、病名の確定や治療になるわけですが、何かと忙しい方にとっては第一段階のチェックキットとしては十分な機能といえるでしょう。

» DEMECAL(デメカル)の胃がんリスクチェックキットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい