自宅でできる血液検査 TOP  >  自宅で簡単にできるHIV検査キット

自宅で簡単にできるHIV検査キット

すっかりエイズ、HIVという言葉も定着した一方で検査をためらう人も多い傾向にあり、そうした方向けに自宅でできるキットが発売されています。ここではおすすめのHIV検査キットをご紹介します。

» 自宅で簡単にできるHIV匿名検査キットはコチラ

現代の日本ではHIV、エイズは珍しい病気ではなくなっています。

HIVはウイルスの名称でエイズは病気の名称です。

つまりHIVに感染して発症するとエイズ患者となるわけです。

HIVに感染していても発症していない人もかなり多くいるといわれていて、そうした人を介在して感染が広がるケースもある事から検査の重要性は訴えられているのですが、なかなか検査に踏み切れない人も多いのが現状です。

感染経路としては、セックス(オーラルセックスや前戯としてのディープキスでも感染の可能性はあります)が一番多く、母子感染や注射針の使いまわしによる血液感染、輸血など。

体液から感染するといわれていますが、同じ鍋を食べたり、共同浴場やつり革などから感染することはありませんので必要以上に怖がらないでも大丈夫です。

ただ、一度でもコンドームを使わないでセックスした経験があるなら血液検査をしておくに越したことはありません。

また悲しいことですが、女性が乱暴される時には膣内に射精されてしまうことがほとんど、つまりコンドームは当然なしです。

このため、性暴力を受けるのみならず、感染の危険もあるわけです。

一番望ましいのはすぐに病院ヘ行って治療を受けることですが、それをできないこともありますよね。

そうした場合も含め、医療機関での検査を受けられない、受けたくないという人は多く、自宅で検査キットを使う方法も注目されています。

色々なキットがあるのですが、結構「個人輸入」で取り扱っているものも多いようです。

そんな中でDEMECAL(デメカル)国内販売が認められているキットですので安心して使うことができ、おすすめです。

また、陽性だった場合は専門の医療相談サービスも準備されていますし、プライバシーの保護も信頼できるところがおすすめの理由。

少しでも不安があるなら是非一度、検査を受けてみてください。

» 自宅で簡単にできるHIV匿名検査キットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい