自宅でできる血液検査 TOP  >  HIV検査は自宅でできます

HIV検査は自宅でできます

HIVは気になるけれど、できれば公の機関には行きたくない、と考える方に。自宅でHIV検査ができるのはなぜか、理由と共に自宅でできる血液検査キットをご紹介します。

» 自宅で簡単にできるHIV匿名検査キットはコチラ

HIVの感染者数は日本国内でも随分増えているそうですが、気になってはいてもなかなか検査には行きにくい、と思っている方がかなり多いのが現状・・・。

忙しいということで、いつかそのうち、と後回しにしてしまう方も、同じく多いようですね。

ただ、HIVは早期発見することがとても大切な病気ですから、どうしよう、どうしようと思っているよりは、とにかく早めに検査を受けることが重要なのです。

このため、自宅でできるセルフ検査キットが注目を集めています。

どのようなものかというと、大体が自宅に郵送されてくるキットの説明どおりに自分で採血しますが、その後は「自分で陰性か陽性かまで見る」タイプと、採血したものを郵送してその結果を知るタイプとがあります。

前者のほうが、面倒なこともなく手軽だと思われる人も多いのですが、きちんと専門の機関で検査をしてくれる後者のほうが安心だと考える人も多いですね。

また、HIV検査キットは個人輸入で扱っているものも多く、それよりは国内で買うことが出来るほうがいいですよね。

そういう条件で探してみると、DEMECAL(デメカル)が一番安心でおすすめできます。

DEMECAL(デメカル)は採血の方法も非常にシンプルで、誰にもできますし、検査結果も自宅郵送の前にまずメールでも知らせてくれるのでより早く知ることができます。

結果が陽性だった場合には迅速な医師の診断が必要となりますが、DEMECAL(デメカル)なら医療機関の相談にも乗ってくれるというから安心ですよ。

» DEMECAL(デメカル)のHIV匿名検査キットはコチラ

胃がんのリスクチェック

自宅で胃がんリスクチェック

胃がんの発生にヘリコバクター・ピロリ菌が関係していることがわかってきました。

日本において、20歳代のピロリ菌保菌率が20~30%なのに対し、40歳以上は80%以上であることがわかっています。

もし、検査によってピロリ菌の陽性反応が出ても、約1週間の内服による除菌治療を行えば、ピロリ菌を除菌することができます。つまり、胃がんの発生率をかなり抑えることができるのです。

検査は自宅で簡単に行えるので、怖がらずに一度検査をしてみましょう!

» ピロリ菌検査キットはコチラ

脂肪吸引をやって痩せたい